本文へスキップ

親活in山梨【代理婚活】〜親だから出来る子供のための結婚活動支援〜

お問い合わせ TEL.090-4597-9915(担当入倉)
イベント申込み E-Mail.corp@japan-action.com

ご予約&メルマガ登録はこちら

代理婚活とは…dairikonkatsu

初めて『親活』『代理婚活』という言葉を聞いた方もいらっしゃるかと思いますので、簡単にご紹介いたします。
『親活』『代理婚活』とは、このご時世、独身のお子さんを持つ親御さんは多くいらっしゃりそのお子さんのご結婚というのをサポートしたり積極的に出会いの斡旋をフォローする親が行う結婚活動支援を指します。もちろん、お子さんや親御さんの仕事や日常生活・趣味・思考からフォロー(結婚情報収集・お見合いなど)する内容は様々なものがあり、親御さんがお子さんの結婚をサポートしたいなと思った時点から親活・代理婚活というのは始まっています。

時代背景
生涯未婚率の向上からも読み取れるように平成時代では簡単には結婚出来ない。
難しい時代だからこそ親が適切な結婚活動支援をするだけで結婚率が飛躍的にアップする    
親活・代理婚活
親御さんがお子さんの結婚をサポートしたいなと思った時点からスタートする
親が行う結婚活動支援
主な活動
結婚情報収集・お見合い斡旋・親活交流会・家族会議(話し合い)など
お子さんが結婚について行動・思考するためのフォローなど様々


平成は簡単には結婚できないと理解してください

ゲストルーム

平成の時代に入り、【簡単には結婚できない】時代となってしまいました。ここで誤解が生じる方もいらっしゃいますので説明しておきますが、ある程度の知識と行動ができれば結婚はできます。これは私どもの活動を通じて得た確証です。ですが、何もしないで待っていても結婚できないという意味で簡単には結婚できないということです。親御さんの世代の方ですと、生涯未婚率(生涯結婚しない割合)というのはわずか2、3%というのが普通の時代でした。周りはほぼ結婚しており、結婚していない人は一クラス(3、40人)に1人いるかいないか。昔から考えると結婚することが普通という認識だったかと思います。ですが、現実的に今の日本では、結婚できないことが普通という時代に変わりつつあります。 もちろんこれには様々な要因が考えられます。労働条件の悪化や非正規雇用の増大に伴い収入の不安定化、男女平等から女性の社会進出の影響に伴い結婚に対する憧れ意識の低下など。まずは認識として、結婚は簡単にはできないという認識を持ってください。さらに言うと、結婚していない娘、息子に対して世間から恥ずかしいと思われる親御さんがいらっしゃいますが、実はもうそれが普通ですので恥ずかしいと思わないでください。 『私たち(親)が結婚できたのだからあなた(お子さん)も結婚して当たり前』 という認識でお子さんと話すのは結婚を遠ざける要因となりますのでご注意ください。


娘、息子の結婚はあなたにかかっています!一番身近な親だからこそできること

ゲストルーム

あなたのお子さんは結婚したいと思っていますか?【意識調査では約9割以上の独身者がいつかは結婚を考えているという調査結果があります】 皆さんのお子さんは、いつかは結婚をしたいと考えているのです。
ではなぜ、結婚したいのに結婚できないのか…。平成時代に入り結婚は簡単にはできません。待っていても結婚はできない時代なのです。 ある調査では独身女性の約7割が待ちの姿勢、独身男性の約6割が待ちの姿勢。 という結果があります。これではお互い待ちが半数以上で何も起こりませんよね。では何かが起こるには何をすればいいのか、結婚のためにまずは行動するしかないわけなのです。ですが、 【お子さんは活動できない…。それはなぜか?何をしていいのかわからない。最初の一歩が踏み出せない娘、息子さんが多いのです。】 これが現実なのです。ではそんなお子さんに親としてできることは何かあるか?ということで、親として今の時代にお子さんにどんなサポートができるのか?結婚活動というのはどういうものなのか?という情報や知識を踏まえた上で、一番身近な存在として相談にのったりアドバイスをするというのが、お子さんが結婚を意識したり考えたり、行動する上では非常に大切な要素となっています。親のサポートでお子さんの結婚が決まるといっても過言ではない世の中になるかもしれませんね。


これからは親が子供の結婚相手を探す時代が来るかも…

ゲストルーム

これからのお子さんは結婚できるか出来ないかは親御さんのサポートにかかってくる時代が到来するかもしれません。何をしたら結婚できるのか?わからないお子さんにそっと情報を提供したり相談に乗ったり出来るのは一番身近にいる親であるあなたです。親御さんの発言一つで、結婚に前向きになったり、逆に消極的になるお子さんもいらっしゃいます。ですので、お子さんと話すときは結婚の素晴らしさやお子さんが結婚したくなるようなアドバイスをしてみてください。結婚してしまえば、お子さんにも家族が出来るわけです。そこからは過保護はしにくくなりますので最後のサポートで結婚を後押しするのも大切かなと思います。親活を通じて今後お子さんが結婚に対して前向きに行動できるようになりましたら、さらに親としてサポート出来る内容が増えてきたり、相談内容によっては大切なポイントがあります。例えば、話し方やご飯の食べ方やちょっとした仕草など、男性によっては服装などのアドバイスも必要なことがあります。こういうことは、自分で学んで学習して頂ければ一番いいのですが、婚活イベントを主催している私からすると基本的なことができておらずもったいない思いをしている男女は多いです。でもそこの指摘をしてくれる親切な方は実は周りにはほとんどいないのです。そんな時こそ一番身近である親御さんがサポートしてあげるだけでも効果がでてしまうのです。




※上記項目は一部、小冊子『あなたの娘や息子が1年以内に結婚するために親として出来ること〜誰も教えてくれない結婚出来ない本当の理由〜』から抜粋させて頂きました。
詳しい情報を知りたい方は
小冊子購入ページからご購入ください。