本文へスキップ

親活in山梨【代理婚活】〜親だから出来る子供のための結婚活動支援〜

お問い合わせ TEL.090-4597-9915(担当入倉)
イベント申込み E-Mail.corp@japan-action.com

ご予約&メルマガ登録はこちら

親として何をすれば?代理婚活ノウハウknow-how

このページでは、親としてどうやって子供の結婚活動を支援すればいいのか?という具体的なノウハウについてご紹介させて頂きます。結婚活動支援をすればお子さんの結婚への道のりが近づくことは違うページでご紹介させて頂いておりますが、では実際にどのようなことが出来るのか?というところをいくつか例を挙げてご紹介させて頂きます。もちろんこの紹介以外でも、生活環境は親子の関わり方等により結婚活動支援出来ることは多種多様になります。参考程度にご覧頂ければと思います。

具体的に親御さんがお子さんに出来る事をお伝えさせて頂きます。小さなことでも実行することでお子さんの意識は変わるかもしれませんのでぜひお試しください。もちろん、たくさんのことを意識できれば一番いいのですが、まずは一つでも意識してお子さんとコミュニケーションを取るようにしてみてください。少しずつで大丈夫ですので【焦らずに確実に】がポイントです。

まずは結婚したいのかお一人様でいいのか?家族会議をして真剣に聞いてみる

ゲストルーム

一番大切なポイントは、本人が
『結婚を考えているのか?』
『お一人様でもいいと思っているのか?』

という人生のどちらを選択するのかということです。
実は親子といえどもこういう話をする機会というのは激減しているのが現状としてあります。お子さんが学生のうちはよくお子さんの進路などについて話し合う機会が多かったかと思いますが、成人になり就職して独り立ちをしてからはなかなかそういう人生についての会話は少ないのかなと思います。まずは真剣に向き合って現状のお子さんの気持ちを聞いてみると効果的です。ですが大切なのは…お子さんの人生ですのでお子さんの意見を第一に尊重してあげてください。それとお子さんの意見を真剣に聞く場をきちんと作るというのは大切です。曖昧や何となくでは非常にもったいないです。お子さんが結婚というものを考えてこれからどうしていきたいのかというのをぜひ親として話を聞いてあげてください。もし自分なりの意見がある場合は、そこを尊重して活動をサポートしてあげてください。もし考えが無い場合は、いろいろと情報を提供してあげるようにしてください。


まずは親として情報収集が先決

ゲストルーム

では、ここで質問です。現在の婚活情勢をどこまで御存じでしょうか?結婚活動に婚活イベントがあって、そのイベントでは自己紹介タイムやカップリングというのがあるということは御存じかもしれませんね。
【まずはお子さんと真剣に結婚の話をする前に同じ土俵に立つように意識してください】
具体的には現状の婚活について情報収集や、どういうイベントがどこで行われているのか?など何でも構いませんので、少しでもお子さんにアドバイス出来るようにしてください。テレビでお見合いの番組をしていたとか、ニュースで婚活が取り上げられていた、という情報をしっかりと確認したり、記事があればお子さんに見せてあげるというのも効果的です。ですが、
【何も知らない状況で口だけ挟むのはお子さんのストレスにしかなりません】
話し合いたくても、相談したくても知識や情報がなければお子さんも話ができないわけです。まずはどんなことでも構いませんので情報を集めるように意識してみてください。お子さんが結婚に対して興味を持つことから始めてみましょう。


最低限の恋愛、結婚するためのマナーやコミュニケーション能力があるか?

ゲストルーム

気のある男女が出会えば話しは早いのですが、独身者の中には、 【最低限のマナーやコミュニケーション能力がないと異性から相手にされない】 ということがあります。就職活動でも内定をもらうまでに面接や筆記試験などがあることもあります。最低限の恋愛・結婚に対する知識や情報がないとこれからの結婚活動は厳しいのが現実です。就職活動では会社から相手にされないと就職内定できないですが、結婚活動では結婚お付き合いそれ以前のデートができないというわけです。どんなに結婚したくても結婚出来ないのはこれが原因でもあります。ではそんなお子さんについて何が親としてできるのか?まず、婚活セミナーやマナー教室などの情報収集行いお子さんに勧めてみるのも一つの方法です。さらに言えば親から見てお子さんの何がよろしくないのか?外見(服装や見た目)が異性にうけないのか?もしくはコミュニケーションの取り方が嫌われる要因なのかというところを見てあげて、アドバイスやサポートをしてあげるのも得策です。

 

結婚に対する適切な情報を伝える。出産や妊娠を含め時系列で伝える

ゲストルーム

結婚に対する適切な情報を伝えるようにしてください。多くの親御さんは結婚活動を経験したことが少ないかと思いますが、結婚生活は必ず経験されていると思います。お子さんと同じ歳の時の自分の体験談や、これから先どういう家族プランがあるかなどを話してみるのもお子さんが結婚に対するイメージをしやすいポイントです。とくに、男性も女性も結婚して出産や妊娠など時間がかかることは真剣に向き合うべきです。年齢とともにお互いが向き合いたくない話題というのは承知していますが、だからこそ一番身近な親としてアドバイス出来ることはしっかりとしてください。お子さんとの家族プランの話で、
【○○歳に結婚をして家庭を築いたい】
【結婚したら子供は○人欲しい】

という具体的な会話が出来るようにしてください。ここで大切なのはより具体的にイメージさせるということです。お子さんからすると体験したことないことがほとんどですから、イメージしにくいですので話しにくい内容です。ですが、ここである程度イメージができますと、逆算して自分の年齢では何をすればいいのかより具体的に理解できるようになります。なかなかうまくいかない例ですと… 【いつかは結婚して子供ができたらいいなぁ〜】 よりも、 【今○○歳だから2年後までには結婚して子供はその1年後にほしいな】 となれば、2年後までに結婚するには今異性と出会ってデートやお付き合いをしないとプラン通りにならないとなりますよね。くれぐれも勘違いしないでほしいのは、自分の立てたプラン通りにいかないことがほとんどですが、結婚活動に対するモチベーションや結婚を考える大切なポイントになります。まずはそういうところから意識を変えてあげられると上手くいきやすいです。何度も言いますが、自分の思う通りにことが進まなかったり、うまくいかないことがほとんどです。だからこそ気付いたらすぐに行動できるとその分可能性も上がってきます。また、希望しても子供が出来なく不妊治療している方が多くいらっしゃることも事実です。となると今すぐにでも結婚活動を始めようとお子さんが思えるように情報を伝える事は大切です。




※上記項目は一部、小冊子『あなたの娘や息子が1年以内に結婚するために親として出来ること〜誰も教えてくれない結婚出来ない本当の理由〜』から抜粋させて頂きました。
詳しい情報を知りたい方は
小冊子購入ページからご購入ください。