本文へスキップ

親活in山梨【代理婚活】〜親だから出来る子供のための結婚活動支援〜

お問い合わせ TEL.090-4597-9915(担当入倉)
イベント申込み E-Mail.corp@japan-action.com

ご予約&メルマガ登録はこちら

親として子供の結婚への関わり方ability to do

『よし子供の結婚のために親として出来ることをやろう!』
と思ったけどどうやって子供の結婚活動の支援をすればいいのかわからない…
と思いますよね?

このページでは、お子さんの結婚活動への関わり方についていくつかご紹介させて頂きますね!なんでもかんでも結婚に関する話しをすればいいのか?というとそうでもなくお子さんによってはNGな内容について聞いていると結婚に対するマイナスイメージになることもあります。そういう点は注意してくださいね!

 

ガミガミ言わない、決めつけない、娘、息子の意思が一番大切

ゲストルーム

婚活イベントに参加する人の多くに
『親から結婚に対していろいろ言われて疲れてしまった』
『結婚活動をすることはいいのですが、親の発言が一番のストレスです』


と言われている方も実際にはいらっしゃいます。ここで大切なのが、お子さんの意思を尊重しているかということです。もちろん、お子さんの活動を邪魔しようと思って発言している親御さんはいないと思います。ですが、心配し過ぎるあまり、お子さんのストレスに繋がるということも事実として認識してください。まずはお子さんが結婚する意志があるのか?お一人様でもいいのかというのを 【ご自身で判断】させてあげてください。自分で決めることが大切です。 もちろん、親としては、【結婚して家庭を築いて子供も】と思われる方がほとんどかもしれませんが、そこはお子さんの人生ですので本人が悔いの残らないように選択してそれを第一に考えて頂ければと思います。婚活イベント参加者で親に言われて渋々参加しましたという方ももちろんいらっしゃいますが、見ていると楽しそうではありませんし、なかなかうまくいかない方が多いです。その要因として、行動が主観的ではなく、客観的に活動してしまうわけです。自分の結婚活動なのに自分が主体ではないわけです。それはうまくいかないですよね。他人目線になってしまいますから。また、親目線ではいつまでたっても子供なのですが、もう自立しているわけです。ですが、親の意見を押し付けるような言い方をしてしまうとか、 『あなたはこうなのだから』 と、決めつけた意見はお子さんからするとストレスのポイントになってしまいます。そこに関してはアドバイスとしてお子さんに伝えるのは良いのですが、くれぐれも強制はしないようにしてください。必ず親としてのアドバイスをしたらあなたはどう思っているの?と聞いてあげるようにしてくださいね。


ただ闇雲に結婚は?相手はいるの?と聞かない。  

ゲストルーム

これも多くの親御さんが聞いてしまうポイントです。実は私も独身の時は親から何度も聞かれたという苦い体験があります。
『結婚はいつするの?』
『お付き合いしている異性はいるの?』

と単刀直入に聞きたくなりますよね。相手がいないお子さんからするとタブーな質問です。もちろん、お付き合いしている異性がいらっしゃれば全然OKだと思いますが、そうでなければあまり答えたくない質問です。実際に私もそうでした。お子さん的には、 『もう子供じゃないからそんなのほっといてよ』 と逆効果になりかねません。また、親からの結婚プレッシャーが強すぎて婚活したくない、結婚をしないと選択された方も何人も知っています。せっかくお子さんの幸せを第一に考えて話をしていても、お子さんからするとネガティブな思考になりかねないのです。親として出来ることは、お子さんが結婚を意識して前向きに結婚活動を自分からしようと思えるように意識を変えることが大切な要素です。


自分の意見を言う時は…必ず本人がどう思っているか確認する。言いっぱなしはNG

ゲストルーム

実際にお子さんと結婚について話すときの注意事項です。必ずお子さんの意見を尊重するようにしてください。本人がどう思っているのか?が大切です。
『お母さん(お父さん)としては○○だと思うけど、どう思う?』
という感じで、本人の主体性が向上するような質問をしてあげてください。くれぐれも、 『これをこうやれば大丈夫だから、こうやりなさい』 と言った感じで言いっぱなしや決めつけはお子さんからするとストレスになりやすいですし、主体性が身に付きません。結婚はお子さんがするわけです。お子さんの人生ですので、ぜひ自分で選択するようにサポートしてあげてください。


娘、息子さんの意識を変えられるのは親であるあなたが適任

ゲストルーム

では実際に婚活に対して興味がなかったり、結婚をまだ考えていないお子さんの場合はどうするべきか…。結婚に対する情報を伝えるのはもちろんですし、
『結婚のすばらしさ』
をお子さんに伝える事も大切なポイントです。よく『結婚は人生の墓場』という話を耳にしますが、これから結婚しようかなと思っているお子さんにそんな話をするのは本末転倒ですよね。結婚に対するイメージを悪くするのではなく、
『結婚はいいよ。結婚は楽しいよ。』
と伝えられるとお子さんの意識も前向きになることもあります。だって実際に結婚してお子さんが生まれてここまで成長したわけですよね。もちろん育てる過程では楽しいことも大変なこともあったかと思います。親御さんも一人でいるよりも結婚を選んだ人生の先輩として、トータル的には家族がいる人生というのは1人の人生に比べて楽しいものだよと伝えられる親であってください。そういう心構えのもと、お子さんと会話をしていますと、お子さんの気持ちも少しずつ前向きになるかと思います。一番身近な存在である【親】がお子さんの意識を結婚したいなと思わせるには適任です。お子さんの友達でも芸能人でもありません。一番身近な親のアドバイスでお子さんは結婚について前向きに考えだせるのです。




※上記項目は一部、小冊子『あなたの娘や息子が1年以内に結婚するために親として出来ること〜誰も教えてくれない結婚出来ない本当の理由〜』から抜粋させて頂きました。<br>
詳しい情報を知りたい方は<br>
小冊子購入ページからご購入ください。